トレーナー・運動指導者のスキルアップサポート~HBC~

トレーナー・運動指導者のためのスキルアップセミナー情報を提供。 また、講習会を構築したい人のサポートをいたします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

治療家のための~姿勢コンディショニング~【受講者の声】

10/11(祝)に治療家のための【姿勢コンディショニング】を開催しました。






●何が得られたか?
   ・患者様・利用者様のニーズの考え方・捉え方
   →痛み等の主訴の改善はもちろんのこと、未来へ向かって健康で楽しくに過ごすことが出来る
    身体を自立的に作って頂くためのサポートをする
    (我々の使命は、治すことではない。健康に導くこと)
●自由感想
   今はまだおこがましいと思いますが、将来的には独立を考えています。それはまさに、
  【治すこと】の視点ではなく、ご自身での身体の気付きから、【健康へ導く】ためのサポート
  したいという考えの基です。表現の仕方こそ異なりますが、この理学療法士という道を志す前から
  描いていました。
 私は、幼い頃から大学卒業まで柔道に打ち込んでいたということもあり、理学療法士になる前から予防医学に
  興味がありました。柔道の現役時代にも自分で何とかコンディショニングが整えられたらと考えていました。
  書籍にて見様見真似で行ってもなかなか成果を得ることが出来ませんでした。
   臨床に入ってからも、その考えはありましたが、明確な手段は曖昧でしたので、
  今回の機会に頂いた講習会では目から鱗のお話ばかりでした。
  今後、職場のスタッフに伝達講習等を行うことで、理解を深めたいと考えています。
  そして、何よりも、患者様・利用者様に対して還元ができるように精進していきます。

     ①姿勢と関節痛、姿勢と不定愁訴の関係が理解できる
     ②ヒトが直立姿勢を獲得するまでの歴史を知ることが出来ることで、からだの可能性に気づく
     ③人が直立姿勢を獲得するまでの過程を知ることで、セルフコンディショニングに応用できる
     ④姿勢の大切さを理解出来る

  と、レジュメにセミナーのゴールと記載されているように、まずはそのゴールにたどり着けるように
  します。そして、独立という目標に向かって、学ばせて頂いたツール・思考を臨床で活かすことにより、
  臨床で多くの経験を積んでいきたいと考えています。
 今回は貴重なお話を、本当にありがとうございました。
 今回、初めて、渡辺なおみ先生の講習会を受講させて頂き、感銘を受け、先生のファンになりました。
 今後とも、何卒、宜しくお願い致します。
 (理学療法士)





何が得られたか?
・「ヒトとしてのよい姿勢を知る」ということ、実際に現場で導入されている評価の手順は、
非常に参考になりまた。
早速、翌日より対象のクライアントさんの姿勢評価を取り入れさせていただいています。
そうでない方の場合にも、自分の中で姿勢評価しながら次のステップのために仕込んでいけるよう、
プログラムを変更しながらやっていきたいと思っています。
治るということに対しての考え方も学ばせていただきました。
治療と運動、そして目標に関してのパラダイムシフトも自分の中で明確になりました。
自由感想
・姿勢コンディショニングのパート2、3、の開催を心待ちにしながらその際に自分の中へしっかりと
 落としこめるよう に今回のセミナーで学んだ概念などを含め、どんどん実践し生かしていきたいと
 思っています。
(パーソナルトレーナー)









・何が得られたか
痛みを取った後からの患者様の進行方向や
運動などへの誘導方法
何よりも
痛みを取る治療から、シフトチェンジできる考え方を得るきっかけを頂くことができました。
・自由感想
いままで勉強してきた点と点が線になるきっかけを頂いたと思います。
痛みを取るだけの治療に疑問を覚える日々から脱却し、患者様や地域住民、選手など幅広く皆様に
この考えをもっていただけるようにたくさんの言葉と行動をもって表現していきたいと思います。
また、いろいろな勉強会に参加させていただければと思います。
ありがとうございました。
(柔整師)




●何が得られたか?
→このセミナーを受ける目的はもちろん正しい姿勢評価をしたいということでしたが、
このセミナーを通しなぜ姿勢評価が必要なのかという根本的な所を教えて頂きました。
 痛みをとることはもちろん患者さまに姿勢のくせを伝え、ご自身でケアして頂くような
意識をもってもらうのが、私たちの役目だと気づかされました。
これから自身をもって健康案内人と言えるように精進していきたいと思います。
●自由感想
→セミナーを受けた後、教えて頂いたすべてを使うことはまだ未熟な部分と時間の関係上、
難しい状態です。
しかし、自分でピンときた部分は治療に 活用させて頂いております。
まだ使えていない部分も練習を重ねながら活かしたいと思っております。
今回は貴重な御講義ありがとうございました。
(理学療法士)




●何が得られたか?
クライアントの依存心を減らすアプローチ姿勢制御システムについて不定愁訴、関節変形の発生機序
姿勢分析と評価法発発メソッドによる姿勢コンディショニングの流れetc・・・
全てが興味深く、勉強になりましたし渡辺先生の考え方が学べたのが一番の収穫でした。
●自由感想
セミナー講義の中でも、講義を終わった懇親会でもたくさん渡辺先生の話が聞けて良かったです。
最近疑問に思っていた事も全部では無いですが、たくさん渡辺先生に質問が出来て、
それに対する先生のご意見が聞けて自分ではとても良かった。
私はコンディショニングはその人の持っている能力を引き出し、
その人の通常生活する環境に適応出来たならまずは良いそれ以上を求めるか、
求めないかは、その人の必要に応じれば良いと考えていました
渡辺先生も同じ様に?おっしゃっていたので、とても嬉しく思いました。
でも、良く考えたらそれもそのはずかもしれません、
私は3年前に渡辺先生にコンテンツ作りに参考にしてきた本を聞いて片っ端から買ってきて読んでみたり、JCCAにハマったきっかけも渡辺先生の「ひとのからだ」に書かれている、コンディショニングに対する考えに共感したからなのであとは、先生が懇親会で「ポリシーを曲げてまで儲けようとは思わない」と言っていたのを聞いて嬉しかったです。
それはセミナーとは余り関係無い話ですが・・・
他の参加者は分かりませんが、いやきっと同じだと思いますが今回のセミナーで、普段の現場で悩んでいる事に
対する解決の糸口をたくさん得たのではないでしょうか?
ともかく、私にとっては最高に学びの多いセミナーでした。
貴重な場を作って頂き、また参加させて頂きありがとうございまし
(パーソナルトレーナー)





先日は、素晴らしいセミナーをありがとうございます。
得たこと: 姿勢分析方法 改善方法
自由な意見: なおみさんに直接教えて頂いた方法で、オスグッド患者へアプローチしたところ、
患者自身も骨盤の傾斜を意識し、自宅エクササイズをしてくれたので改善がみられました。
また、ハイハイをさせなかったことで宇宙人のような赤ちゃんが来たという話は、
子供を持つ母親に反応が良かったです。発育発達という考えの重要性を感じました。
発育発達のセミナーも、今後参加したいと考えています。
今後もよろしくお願いします。(柔整師)




・得られたもの
姿勢評価をする際、分節→重心→アライメント→膝立ち→足部→骨盤→座位→簡
単な動きの評価で判断するひとつの目安を知れてよかったです。
重心をみる際、質量中心や支持基底面の範囲内にある重要性
・感想
姿勢評価をする際のポイントが明確になってよかったです。クライアントの姿勢
評価をする際、正中感覚のズレを感じる事ができる人が少ないとおもいます。少
しでも感じれる方を増やし、日常生活を満足して過ごしていただけるようにお手
伝いをしていきたいと思います。
(鍼灸師)



●得られたもの
 ・姿勢の細かなチェックの仕方
 ・痛みを取る事が目的ではなく痛みとどう付き合っていくかを一緒に考える
 ・今の状態で再度重力に適応させていけば良い事
 ・自分の体験談をもとに伝えたい事を分かりやすく伝えるという事
 ・続編も受けたくなるような構成と内容(次回も受けます)
●感想
 セミナーでの伝え方や構成等、私のロールモデルの1人として、
今後も色々と学ばせていただこうと思いました。
簡単ではありますが、以上、宜しくお願い致します。
(パーソナルトレーナー)




ご受講されたみなさま
ありがとうございました。





| 受講者の声 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://harusbuddycomfort.blog14.fc2.com/tb.php/51-0879df5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。